共育部会活動

  2018新入社員フォロー研修会

日 時/2018年07月13日(金)8時45分
          〜14日(土)16時45分
会 場/音羽倶楽部
対 象/新入社員をはじめ、
    入社2年未満の社員(中途採用含む)

[研修生のレポート]入社から約3ヶ月、慣れてきた部分もあるが不安に思っていた部分もあった。それらを参加者と話し合うことができて前向きになれた/会社に戻ってすぐに実行できるのは挨拶なので、挨拶訓練で習ったことを意識して日々の業務に臨みたい/グループ討論やグループワークを通して、伝えることの難しさや臨機応変に対応する大変さを痛感した。この2日間の経験を仕事のなかでも生かしたい。



  中小企業の採用に関する勉強会

日 時/2018年07月10日(火)
    18時30分受付 19時〜
会 場/同友会・会議室
参加費/無 料
テーマ/『間違っていませんか?
        あなたの会社の中途採用』
講 師/螢ワドリ・フォリオ 松原滋則 氏

有効求人倍率、県内企業の応募者数推移、職種別平均賃金など、採用活動に関連する基本データの紹介に続き、各業種・各職種に適した求人媒体の選定方法を松原氏がレクチャー。また、効果をあげる求人原稿作成のポイントを「分かりにくい表現を避けて詳しく書く」とし、実際の掲載原稿(ビフォー・アフター)を閲覧率比較を示しながら紹介しました。



  新島短大&大間々高校にて授業

5月30日(水)・6月20日(水)・同27日(水)・7月4日(水)の計4日間、新島学園短期大学の授業を共同求人委員会が受け持ちました。また、7月2日(月)には、大間々高等学校の出前授業を共同求人委員会と桐生支部が共同で実施しました。
「ブラック企業」という言葉が一人歩きし、若い世代の企業観や職業観は決して肯定的なものばかりではありません。また、若年層の減少や流出による労働力不足が社会問題化するなか、「地域を担う若者を育てる」という視点が中小企業の経営者には必要不可欠となっています。今後も短絡的な採用活動に終始するのではなく、長期的なスパンで考える共同求人活動の発展が期待されます。



  2018新入社員研修会

日 時/2018年4月5日(木)9時〜7日(土)15時30分
会 場/OMOホテル&アカデミー高山
対 象/新入社員 及び入社1〜2年の社員
参加費/研修生25,000円(1人につき)
    企業分担金20,000円(1社につき)

研修生のレポートには「参加させてくれた会社に心から感謝。社会人になるにあたり絶対に必要な3日間だった」「まだやれることが少ないが、目の前の仕事に全力で取り組み、上司から信頼されるようになりたい」「安心して仕事を任せられる人をめざす。それが自分の生きがいや働きがいにつながると思う」など、実りの多い研修会であったことを物語る決意が綴られていました。



  2017幹部・中堅社員研修会

日 時/2018年02月16日(金)9時開会
            〜17日(土)17時
会 場/ニューサンピア TEL;027-353-1107
対象者/経営者といっしょに
      活躍してもらいたいリーダー
参加費/18,000円(1泊4食含む)

1日目は「気づく」、2日目は「働きかける」をテーマとして設定。村山氏・高屋敷氏を中心に会員経営者が講師を務め、幹部中堅社員の役割や期待、ビジネスゲームを通しての疑似体験、職場の問題発見と解決の視点、他社の社員や経営者とのグループディスカッションなど、同友会の研修会ならではの濃密なプログラムで進行していきました。