桐生支部活動

  桐生支部1月例会

日 時/2023年01月18日(水)
    18時30分受付 18時50分〜
会 場/桐生商工会議所 + Zoom
参加費/1,000円(持ち帰り弁当付)
テーマ/『留学生として来日、そして起業』
   〜人と環境を大切にする会社を目指して〜
報告者/新科商事 社長 橋本佳実 氏

幾度となく経営危機に直面するも、その度に自らを奮い立たせて壁を乗り越えてきた道のりを語った橋本氏。報告のまとめでは「経営者の責任として時代(外部環境)のせいにしない。自分が生きている今が一番良い時代なので、厳しくても一緒に乗り越えよう」と参加者に呼び掛けました。



  桐生支部12月例会

日 時/2022年12月14日(水)
    18時30分受付 19時〜
会 場/美喜仁 本店 TEL:0277-44-5921
参加費/5,000円(飲食代)
内 容/参加者全員の近況報告会 ほか

開会挨拶・乾杯に続いて、しばらく歓談や懇親を深めた後、「参加者全員の近況報告/前年の振り返り&新年を迎えての抱負」をテーマに、各社の企業努力やチャレンジ、今後の経営戦略などを一人ひとり順番に語ってもらいました。また、プライベートな話題では、いくつかのハッピーな出来事の報告が飛び出し、会場全体が祝福ムードに包まれました。



  2022経営研究集会

日 時/2022年11月24日(木)
    12時30分受付 13時〜19時
会 場/プラザ・アリア + Zoom
参加費/3,000円
テーマ/『いま知るべき日本経済』
 〜国の今を見つめ、中小企業の未来を考える〜
講 師/蠏仞は生Φ羹 所長 三橋貴明 氏

実体経済と金融経済の結びつき、インフレギャップとデフレギャップの説明、各種統計をもとにした経済状況の比較・分析、さらに現代的な銀行業の成り立ちを踏まえ、国家の貨幣の真相を深堀りしていきました。最後に、これからの生産年齢人口の減少を見据えて、企業に必要となってくる労働生産性向上への「投資」について解説していきました。



  桐生支部10月例会

日 時/2022年10月26日(水)
    18時30分受付 18時50分〜
会 場/桐生市職業訓練センター +Zoom
参加費/1,000円(持ち帰り弁当付)
テーマ/『地産地消の循環型給食』
    〜企業は社会を変えられる!〜
報告者/日本ゼウス工業 常務 田中光太郎 氏

桐生市内の学校給食の残渣(食べ残し)を肥料化し、その肥料を使って栽培された農作物を学校給食として提供する“地産地消の循環型給食”の取り組みをスタートした同社。肥料・飼料の輸入依存や高齢化、耕作放棄地など、日本の農業が抱える問題を踏まえ、企業が社会課題の解決に取り組む重要性を参加者に投げ掛けました。



  東毛3支部(伊勢崎・桐生・太田)合同例会

日 時/2022年09月22日(金)
    17時30分受付 18時〜
会 場/ティアラグリーンパレス
参加費/1,000円(懇親会は5,000円)
テーマ/『他支部との交流で新たな視点を発掘する』
報告者/税理士事務所sky 所長 小林 潤 氏
    螢魯札ぅ廛薀鵐縫鵐 専務 周藤亮佑 氏
    訖席歉Σ 専務 神保 豊 氏

参加者アンケートには「他支部との交流は新鮮で、いつも以上に例会を楽しめた」「各支部の特徴や会員の同友会に対するニーズの広さを知ることができた」「今後も定期的に合同例会を企画してほしい」と言った感想が綴られていました。